大宮八幡宮 お参り

源頼義が建立されている大宮八幡宮

自転車で行ける距離に、大宮八幡宮という神社があります。
1月1日に初めてお参りしたのですが、とても気持ちの良い神社でした!

八幡宮 八幡宮

 

源頼義により建立された神社で、
子育てや安産に特に御利益があるとして知られており、
全国各地からたくさんの参拝客が訪れています。

 

 

鳥居をくぐり参道を進んでいった先に、夫婦銀杏と呼ばれる男銀杏女銀杏があり、
夫婦愛のご神木として祭られていて、復縁&縁結びのパワースポットとしても有名です。

 

 

実際この付近には、古墳や先史時代の祭祀遺跡などが発見されており、
神社ができるはるか昔から聖地として認識されていたようです。

 

 

東京のちょうど真ん中に位置することから「東京のへそ」とも呼ばれていたりして、
確かになんだかいろいろとスピリチュアルなパワーがありそうな神社という感じはしますよね。

 

 

しかし最近では、こうした本来の知名度の他に、
小さいおじさんの妖精が棲んでいる、という都市伝説が広まり一気に有名になりました。
「神社 小さいおじさん」などと検索すると
びっくりするくらいたくさん出てくるのでぜひ調べてみてください(笑)。

 

 

その名の通り、中年男性の風貌をした小人がいるという伝説で、
見ると幸せになれる、などといったことが、
テレビや雑誌でも出てくるようになりました。

 

 

小さいと言っても、ちょっと小柄なおじさん、などというレベルではなく、
本当に10cmとか20cmといった妖精サイズらしく、
参拝に来た人について来る、とか、電線や公園の木の上に座っていた、とか
道端で缶を運んでいた、なんていう話もあるようです。

 

 

でもいくら「見たら幸せになれる」なんて言われていても、
実際に1人の時とかに見ちゃったらちょっとトラウマになりそうですよね…(笑)。

 

 

まぁ、真偽のほどは全く分かりませんが、ちょっと遠出をしてでも行ってほしいくらいに
気持ちの良い神社ですので、お近くの方はぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか♪